head_image_onsei
OPTIMIZATION

最適化系

学生向けチャット形式マッチングモデル

Watsonの対話形式機能を用いることで、チャット形式のコミュニケーションの中から
各学生に対して最適な仕事のマッチングを行います(インプットデータは全て対話による文章データ形式)。

チャット型による対話

チャット結果より得られた学生の属性や希望条件、資格や活動状況のヒアリング等、対話内容を標準化します。

採用者アンケートデータ

学生時代にどのような活動/資格取得/志望を持っていたか、などの定性的な情報を説明変数化し、その学生がどの企業に就職したか、どんな職業に就いたかなどを目的変数としたモデルを構築します。

仕事内容の提案

対話から得られたデータに基づき、就活学生それぞれに最適な仕事内容をリアルタイムレスポンスで提案すことが出来ます。

人材提案営業向けマッチングモデル

人材提案に関する営業場面において、企業担当者とのコミュニケーションの中から
双方にマッチするスペックの人材をピックアップすることで、
営業担当に依存しない営業活動が可能となります。

人材提案営業活動

企業担当者から人材ニーズのヒアリング及び契約条件等具体的な要望を把握し、それらの情報を標準化します。

人材営業活動履歴情報

過去の営業担当者の活動履歴より、どのような企業にどの程度訪問し、どのようなニーズがあり、どのような人材を提案したか、などの定性的な情報を説明変数として、結果採用されたかどうかを目的変数としたモデルを構築します。

提案可能人材群の提供

企業担当者から得られたヒアリングデータを踏まえた最適な人材をリアルタイムレスポンスでピックアップ可能にします。

お問い合わせはこちら