Blog

天候気象情報を活用したウェザーマーケティングで需要を先取り!!

 人の感情や行動は、意外に天気に左右されることがあるものです。「今日は暑いな、何か冷たいものが飲みたいな。」とか「アイスクリームが食べたいな。」と思ったり、「明日は天気が良いらしいから、ドライブでもしようか」と予定を決めたりした経験は誰に...
Blog

全国施設情報を活用したエリアマーケティング戦略

 エリアマーケティングとは、文字通り、「エリア(地域)における競合などの状況も含んで需要特性などを洞察したマーケティング」のことです。地域特性を重視していることから、エリアマーケティングを“地域密着型マーケティング”と呼ぶこともあります。
Blog

SNSや口コミなどのトレンドデータを活用した、マーケティング戦略・施策の策定と検証

 時流や世相を理解するためには、外部データであるトレンドデータを積極的に読み解く必要があります。自社データの内容によっては、ある程度の時流や世相の趨勢を理解する手がかりになり得る、トレンドデータ的なものもあるかもしれません。たとえば、食品...
Blog

自社データのみで分析する場合と、外部データを活用する場合の違い

はじめに  マーケティング活動を効率化させるために活用するデータとして、どんなデータが考えられるでしょうか?  すぐに利用できるデータとして自社に蓄積されたデータ(以下、自社データと記す)があります。業態にもよりますが、一般的...
Blog

医療レセプトデータの創薬 AI開発の最前線における適用の可能性

概要:データサイエンティストにとって、市場調査で得られた情報を含むデータの事実確認は、とりわけ、重要です1。本稿では、国内外の創薬AI市場に注目し、特に、国内の創薬AI開発の現状について収集した情報を報告します。
Blog

医療レセプトデータから「インサイト」を生み出すデータサイエンスパイプライン

著者:佐藤能臣a,b,坂本唯史a,市原泰介b所属:a(株)データフォーシーズ AI Labb日本システム技術(株)ライフイノベーション LAB  概要:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、世界の医療AI...
Blog

医療・健康分野のデータサイエンスに関する期待と課題

 医療・健康という分野は、データサイエンスの活用領域としては、とても重要性の高い領域だといえるでしょう。  洋の東西を問わず、誰もが“健康をできるだけ長く維持し、少しでも長く生き続けたい”と願っています。 1950年時点の日本...
Blog

コロナ禍で注目:データサイエンスが医療・健康分野に起こす変革とは

データサイエンスという言葉自体が、いつ頃から使われているのかは不明ですが、1960年代に一度注目を集めことがあったようです。そして、2012年にハーバードビジネスレビューで「21世紀で最もカッコいい仕事」と取り上げられたことで、一気に人気が高まったと見る向きもあるようです。
News

新型コロナウイルス感染リスク予測アプリ「コロミル」提供開始のお知らせ

 株式会社データフォーシーズは、公益財団法人 佐々木研究所附属 杏雲堂病院院長 相馬正義氏および日本システム技術株式会社との間で共同開発を進めていた新型コロナウイルス「COVID-19」感染リスク予測アプリ「コロミル」について、サービス提供を開始しました。
Blog

~医療・健康分野のデータサイエンス海外事情~ヘルスケア先進国の取組みに学ぶ

■日本の医療データサイエンスが「遅れていないと錯覚・勘違いさせる」ような客観的事実を述べてはいかがでしょうか。筆頭候補は、日本が世界有数の長寿国であること、などがあるかと思います。  ヘルスケア分野でのデータサイエンス活用については...
タイトルとURLをコピーしました